健康管理

雨の日の、辛い頭痛を緩和させるカフェイン活用法

2020年5月31日

雨の日の、辛い頭痛を緩和させるカフェイン活用法

参考書籍

今回は雨の日の気圧変化に伴う、頭痛の症状について、記します。

参考書籍は下記の可愛らしい表紙の1冊。

【過去記事へのリンク】あなたの人生を変える 雨の日の過ごし方

雨の日は、頭痛が起きやすい?

雨の日って、いつもと違う体調の変化が表れませんか?

実は、「頭痛」の症状も、雨の日に出やすくなるそうです。

著書「あなたの人生を変える雨の日の過ごし方」によりますと、雨の日の低気圧によって、高山病のように膨張した血管が周囲の神経を刺激し、頭痛を引き起こすとのこと。

雨の日の「頭痛」を緩和・改善するには?

雨の日の気圧の変化によって引き起こされている頭痛を改善するには、血管の膨張を防ぐことが必要になり、そのために血管収縮効果の高い「カフェイン」を摂取することが効果的です。

本書では、カフェインの1日の適量を300mg前後と書かれております。

なお欧州食品安全機構2015年に発表したカフェインお安全性に関する科学的意見書に記載されている、健康な成人が摂取しても安全とみなしたカフェインの1日の摂取量は成人で体重40キロの人なら228mg、60キロの人なら342mg・80キロの人なら456mgだそうです。

【引用】NIKKEI STYLE / 知っていますか? 自分のカフェインの「安全量」

ちなみに、本書記載の「飲み物に含まれるカフェインの含有量」を下に記載致します。

◎「飲み物に含まれるカフェインの含有量」

ドリップコーヒー (150ml) → カフェイン130mg前後

エスプレッソコーヒー (50ml) → カフェイン140mg前後

インスタントコーヒー (150ml) → カフェイン70mg前後

市販の缶コーヒー (190ml) → カフェイン 120~130mg

紅茶 (150ml) → カフェイン 30mg

緑茶 (150ml) → カフェイン 30mg

玉露 (150ml) → カフェイン 180mg

カフェインも体への影響に個人差がありますので、自分の体と相談しながら、うまく活用できるとベターですね!

雨の日も「カフェイン」をうまく活用して体調を整えていきましょ~!!!

-健康管理

Copyright© 生きるための知識の樹 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.